新型 N-BOX アクセサリーAmazonで見る

【5選】オシャレで便利なスマホホルダー|かんたん取り付けでしっかり固定。

〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
オシャレなスマホフォルダ

今回は、車内におけるスマートフォンの取り付け場所について考えてみました。

3代目N-BOXは、2代目に比べ運転席側の収納が少なくなったので、スマートフォンを置く場所がすくなくなりました。

車を降りるときにスマホの置き忘れ防止のために、スマホホルダーへの取り付けが便利です。

走行中にスマホを手に持ち通話することや、画面を見つめることは「道路交通法」で禁止されているので、どちらかというと、ホルダーの使い道は「置き場所」になります。

今回は 気になるオススメ商品5選を紹介していきますが、購入前に みなさまの所有している車にホルダーが取り付けられるか、対応状況を確認してしてくださいね。

目 次

スマホホルダーを選ぶポイント

使いやすさ:
車内で使用するスマホフォルダは、簡単に取り付けられることが重要です。大きなボタンや直感的なインターフェースが求められます。また、一部の機能については音声操作が可能であると、さらに便利です。

安全性:
運転中にスマホを操作することは危険です。そのため、スマホフォルダは運転の安全を確保する機能を備えていることが望ましいです。例えば、運転中には通知を制限する「ドライブモード」などがあります。

情報の可視性:
車内でスマホを見る際には、情報がはっきりと見えることが重要です。明るい日中でも画面が見やすい、大きな文字やアイコンを使用するなど、視認性を高める工夫が求められます。

多機能性:
GPSナビゲーション、音楽再生、ハンズフリー通話など、車内でスマホを使用する目的は多岐にわたります。そのため、これらの機能をスムーズに切り替えられるスマホフォルダが理想的です。

耐久性:
車内の環境は厳しいものがあります。高温や低温、振動などからスマホを守るために、スマ
ホフォルダ自体が頑丈であることが求められます。

以上のような性能が車内で使用するスマホフォルダには求められます。これらを満たすことで、安全かつ快適なドライブを実現することができます。

厳選の基準 スマホホルダーに求める性能

以前動画で紹介したスマホホルダは、エアコンの吹き出し口に取り付けるタイプでしたが、最近の思考としては吹き出し口につけると、フラップの角度が変えられないなど、不便が色々でてきたので、吹き出し口に取り付けすることを止めました。

スマホホルダーに求める性能

・ ホルダー、スマホが 簡単に取り付けられる。

・ ホルダー、スマホが 落下しにくい。

・ 運転視界をなるべく遮らない。

・ できれば 移動中に充電できる。

Philips (フィリップス) 車載スマホホルダ

Philips (フィリップス) のスマホホルダーは、スタイリッシュで充電ができて便利です。

角度が自由に変えられてムダな機能が無くてオシャレです。

両面テープで強力に固定できます。取り外す際には跡を残さずに簡単に取り外すことができます。

充電できないタイプもあります。

置くだけ シンプル 縦横対応 スマホスタンド

両面テープで固定でき、剥がせるので移動も出来ます。

構造がシンプルでスマホの固定も簡単です。充電ケーブルを固定できる溝もあります。

360度 回転が出来て好きな方向にセットできます。

対応機種であれば、カバーや手帳型ケースを利用していても分厚くなければ固定できます。

ドリンクホルダに固定 安定感抜群

ドリンクホルダに簡単に取り付けられて固定が楽な便利な商品です。

延長アームが備わっており、28cmまで伸ばすことができます。

ヘッドが360°動かすことのできるボールジョイントが採用されておりスマホの位置が自在に固定できます。

ネジ調整不要で安定性抜群です。

クリップ式で サンバイザーに固定

クリップ式で サンバイザーなどに固定できる車載スマホホルダーです。

クリップ式なので取り付けが容易で取り外しも簡単です。

助手席以外にもクリップできるところがあれば固定ができます。

360°回転が可能で場所の微調整が可能です。

シガレットライター取り付け式

シガーソケット付きスマホスタンドです。スマホホルダーの角度は 360度回転可能です。

出力は、15W 3.4A 急速充電のUSB端子がついています。

挿すだけで利用が可能になり位置も容易に調整できて便利です。

まとめ

車内でのスマホホルダの選択は、運転の安全性と利便性を大きく左右します。使いやすさ、安全性、情報の可視性、多機能性、そして耐久性は、車内でのスマホホルダ選びの際に考慮すべき重要な要素です。

運転中にスマホを操作することは、運転の安全性を確保するために最小限に抑えるべきです。しかし、現代の生活では、ナビゲーションや音楽再生など、車内でスマホを利用するシーンは多岐にわたります。そのため、簡単に操作できて、かつ安全性を確保したスマホホルダが求められます。

また、車内の環境は厳しいものがあります。高温や低温、振動などからスマホを守るために、スマホホルダ自体が頑丈であることも重要です。耐久性のあるスマホホルダを選ぶことで、長期間にわたってスマホを安全に保護し、快適に使用することが可能となります。

最後に、スマホホルダ選びは、個々の運転習慣や車の種類、スマホのサイズなど、個々の状況によって最適な選択が変わることを忘れないでください。自分のニーズに最も適したスマホホルダを見つけることで、安全かつ快適なドライブを実現できます。

この記事が皆様のスマホホルダ選びの一助となれば幸いです。安全運転を心掛け、快適なドライブをお楽しみください。

目 次